これが読ませるエンターテイメント小説の書き方!読者を惹きつけるコツ!>新しい物を生み出すメリット!個性を出そう!

せっかく小説を書くんだから、何か新しいものを生み出したくはありませんか。
でもまるっきり新しいものなんて、なかなか考えつくものではありません。
また、あまりに斬新すぎると、シュールな前衛芸術作品となり、
一般には受け入れられなくなる場合もあります。
あまりわけのわからないものを「新しい表現方法だ」とか言われても困るでしょう?

とはいえ、やっぱり「どこかで読んだような小説だ」と言われてしまうものは書きたくありませんし。
そういうときは、これまでの小説のパターンを踏襲しつつ、自分なりのオリジナリティーを加えればいいのじゃないでしょうか。
例えば、推理小説に「倒叙ミステリー」というものがあります。
犯人を最初から明らかにしておき、探偵や刑事が、それをどんどん明らかにしていくという、「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」のパターンです。

推理小説はそれ以前からあったジャンルですが、その常識を打ち破った倒叙ミステリーは、そのアイディアだけでも革新的ですよね。
まずは「少しだけの目新しさ」を目指したらいかがでしょうか。

これが読ませるエンターテイメント小説の書き方!読者を惹きつけるコツ!

トップページ
書きたいものを具体的にするコツ
狙いのターゲットを定めて読者を意識しよう
新しい物を生み出すメリット!個性を出そう!
テーマを考えて、ブレを無くすコツ!
長さを決めれば小説の方向が決まる
意外に大事!作品をどこに発表するか?
小説の顔・タイトルをまずは決めよう!
研究せよ!これこそが物語のパターンだ!
クライマックスこそ小説の命だ!
構成を練るコツ!物語のラストを考えておこう
物語の展開を考える方法はこれだ!
ストーリー曲線こそドラマチックの鍵!
読者に主人公を応援させる秘密のワザ!
学ぶべし!これが物語のセオリー
超重要!クライマックスでの鮮やかな逆転
これが伏線を物語中に散りばめるコツだ!
どこまで考える?小説のリアリティー
嘘とリアルの狭間で悩むべし!
要注意!パクりと盗作の違いとは?
物語の設計図!プロットを作成せよ
魅力的なキャラクターを作るコツ
深め続けろ!キャラクターの設定
意外に大事!キャラクターのセリフの特徴
複数のキャラクターを動かす秘密の方法
キャラクターを生かすコツ!対比させよう
深いキャラクターにするコツとは?
意識せよ!キャラクターの描写を!
キャラが先か?ストーリーが先か?
説明的なセリフにしない裏技!
特殊な職業で読者の興味を引け!
小説における視点のメリットを生かせ!
書き出しで注意することとは何か?
小説の心得!常に描写に気を使おう
登場人物の心情描写テクニック
小説を書くなら、言葉にも意識を!
小説のラスト!どう終わらせるのか?
理系?文系?SF小説で気をつけること
構成が命!ミステリーを書く方法
徹底せよ!ファンタジーの世界設定
時代小説・歴史小説を書くコツとは?
恋愛小説ならキャラへの感情移入を!
恐れるな!作品の感想をもらおう
嗚呼!小説を書く、この楽しさよ!

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system